グローバル・エデュケーション | Global Education

What's New

2016.4.25

熊本地震災害に関する対応について
「平成28年熊本地震の被害にあわれました皆様へ」
(4/25)

2016.5.30

社長ブログ:「人材育成の現場!」日記をアップ!
「第125回大阪G研報告:部下を伸ばす上司が実践しているたった5つの習慣」
(5/30)

2016.5.10

社長ブログ:「人材育成の現場!」日記をアップ!
「第123回G研報告:(続編第2部)古森講師」
(5/9)

2016.5.9

社長ブログ:「人材育成の現場!」日記をアップ!
「優秀な営業マンを複製することは出来るのか?」
(5/9)

What's New_end

会社情報 Message

TOP > 会社情報

人材育成の課題解決に的確な答えを持っています

グローバル・エデュケーション代表取締役 布留川 勝

90年代中頃、私はグローバル人材育成の仕事をしながら何か満たされない気持ちでいました。大手企業のグローバル人材育成の現場はその当時、場当たり的でどこに向かおうとしているかが明確ではなく迷走状態でした。「英語さえできれば!いや、英語なんかいらない。異文化理解だ。」などなど、個人の経験と感想レベルのロジックが大きな壁となって、コンセンサスが取れず真の改革ができなかったのです。人事部も研修業界も右往左往し、結局行き着いたのが、とりあえず英語研修でした。グローバル人材=仕事のできる人+英語力という図式が暗黙知化し、思考停止状態に陥っていたのです。ビジネスとして割り切ってはいましたが、こんなことをやっていても真のグローバル人材は育つわけがないという思いが募り、2000年にグローバル・エデュケーションアンドトレーニング・コンサルタンツ(株)を起業しました。会社名はやりたいことを全部入れたので長くなってしまいました。

その当時、私は「このままで日本企業はグローバル市場で勝っていけるのか?人の問題をこれ以上先送りしてはいけない!」というかなり前のめりのものでした。起業してすぐに私は、グローバルリーダー育成に関しては本場の米国のビジネススクールを訪れ、教えを乞いました。社員2名のよちよち歩きの会社に、ハーバードビジネススクールとカーネギーメロン大学は手を差し伸べ、私を本校に招待してくれ、多くを学ばせていただきました。現在では、国内のコンサルタントや講師陣に加え、欧米アジアの上位ビジネススクールや教授や教育機関と協働する強固な基盤ができ、グローバルリーダー育成の分野では、国内外でプログラムのデザインとコーディネートに本格的に取り組んでいます。

さて話は戻りますが、15年が経過し、日本企業はその迷走状態から脱しているのでしょうか?残念ながら、答えはNOです。少しの進展はありましたが、抜本的な改革は行われず、先進国のみならず新興国においても日本人ビジネスパーソンの存在感は低下しています。グローバル経済における人材を取り巻く実態は、「War for Talents(人材獲得戦争)」状態であり、労働時間=成果=報酬という原則からなかなか脱皮できない日本企業では、到底オファーできない好条件で日本の上位0.1%優秀人材が、欧米グローバル企業に人材が流出し始めています。今、日本企業が取り組むべきことは、国内外のトップタレントを採用・評価・育成・配置するノウハウをグローバルレベルに上げることです。トップタレントを魅了するニューエコノミー企業の多くはシリコンバレーにあり、オールドエコノミー系グローバル企業も常にトップタレントを集める努力を怠りません。昨今少し動きは見られますが、国の法律はまだ高度成長期のままであり、それに引きずられ企業も個人の価値観も年功序列・終身雇用メンタリティが残っています。その結果、日本企業は人材育成のスピードと質で他国から立ち遅れてしまったというのが、私の実感です。とにかく早く何とかしなければならないのです。

起業以来、私は様々な業界と階層のグローバル人材育成に関わりながら、その成功と失敗から多くを学んできました。2008年には、「パーソナル・グローバリゼーション(幻冬舎MC)」を上梓し、グローバル人材の5つのコンピテンシーを定義し、もうナレッジワーカー(知識労働者)は、自分をグローバル化しない言い訳を考え続けることには何のメリットもない。すぐに自分グローバル化に取り組むよう提言しました。また、このモデルをワークショップ化し1万人以上の方に受講いただきました。

1万人以上のナレッジワーカーとの対話で得た感触は、私にとっては貴重なものです。ほとんどの日本人は危機意識もあり、成長意欲が高く、ただ自分をどうグローバル型の人材にしていくかの方法がわからないだけなのが分かったのです。目の前にあるぼんやりとした雲を取り除けば、日々自分をローカル型からグローバル型に変えることは可能であり、あとは他責をやめ、自責で一歩一歩前に踏み出していくことにコミットするのみなのです。

私たちは、これらの歩みと活動をシェアするために、皆様との対話の場として、月に一回「グローバル人材育成研究会」(無料)を開催しております。また、現場の状況をお伝えするブログ「人材育成の現場日記」も書いておりますのでご参加ご笑読いただければ幸いです。

少し長くなりましたが、こんな思いを持った社員が集まった会社でありますので、応援をしていただけますことを祈っております。

布留川 勝の「人材育成の現場!」日記

Personal Globalization 【著書】
「パーソナル・グローバリゼーション
世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール」
幻冬舎メディアコンサルティング

トップ